安心保育ねむの木

ねむの木夜間保育園

ねむの木夜間保育園

夜間保育園は、職業の多様化に伴い保護者の方の様々な就労を支えています。保護者の就労時間にあわせて子ども達の登園時間も様々です。子ども達が心も体も健やかに成長するように、一人ひとりの一日の生活リズムや食事をトータルで見つめながら保育内容を考えています。
夜間保育では、ゆったり、ホッと出来る遊びや環境作りを心がけ、お家で過ごしているように甘えたり、我が儘を言ったり出来るような温かい家庭的な雰囲気で包み、明るく楽しく過ごせるようにしています。

夜間保育の目的と役割

  • 多様な就労形態に対応することで、夜間安心して預けられる場所を提供する。
  • 子育て相談等、子育て家庭の精神的なよりどころとなる。
  • どのような環境にいる子どもも平等な保育を受けることが出来る。
  • 家庭的な温もりや、くつろぎのある団らんの場を作り、夜間子どもが安心して過ごすことが出来る。
  • 一人ひとりの子どもの発達過程や性格を把握し、生活リズムや個々の家庭の背景を理解するように努め、子どものより良い豊かな育ちを保障する。
  • 温かな夕食を提供し心と体作りをする。

ほかほか夕食の時

「おいしいねぇー!」と満足な笑顔。みんなでいただくほかほかの夕食は、旬の食材を取り入れ、栄養バランスや昼の給食との組み合せも考えたメニューです。畑で取れた季節の野菜で、子ども達と一緒にクッキングも楽しんでいます。

夕食後のだんらんの時

今日はどんな遊びがふくらむのかな?かくれんぼ…おままごと…「見て!見て!ほら魚がつれたよ」 冬はこたつでゆっくり絵本を読んでね。みんなが兄弟のようで、和やかなだんらんのひと時は、子ども達の大好きな時間です。

お風呂でさっぱりいい気持ち

一日の終わりに、みんなで一緒にお風呂に入って楽しいね。湯船につかって「1、2、3・・・50!数えたらあがろうね!」パジャマに着替えてドライヤーで髪を乾かす時間は、アットホームな時間です。

いい夢を見ようね!おやすみなさい

「先生、この本読んでー!」おやすみ前に、大好きな絵本や紙芝居を読んでもらって嬉しいな。「今日もいっぱい遊んで楽しかったね。明日もいっぱい遊ぼうね。おやすみなさい。」子守唄を聞きながらすやすや…どんな夢みてるのかな…。