安心保育ねむの木

ねむの木・ねむの木夜間保育園の特色

保育理念

・体温の通い合う愛情に満ちた環境のもとで、生き生きと意欲的な保育を創造します。
・子ども一人ひとりの「人権と主体性」を尊重し、子どもの幸福のために最善をつくします。

保育目標

子どもたちの心身の調和的発達をはかり、よりよい未来をつくり出す力の基礎を養うことを目標としています。

ねむの木保育園、ねむの木夜間保育園は、家庭的であたたかい雰囲気の中、子どもたちが園において安定した生活と充実した活動が出来るように努めるとともに、人間形成の基礎となる大切な乳幼児期を保護者の方との連携をしっかり持ち、心をあわせて保育します。

  1. げんきな子
  2. ともだちとあそべる子
  3. やる気のある子

保育方針

  • 生き生きと意欲的に遊べる子どもをつくる
  • 豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培う
  • 喜んで話したり、聞いたりする態度や豊かなことばを身につける
5つの大切にしていること

保育園の食事について

食事(離乳食を含む)は、乳幼児の成長発達に必要な栄養を与える大切なものです。また、正しい食事習慣を身に付けたり、友だちや保育者と一緒に楽しい雰囲気の中で食べることにより自然と好き嫌いをなくし、豊かな心を育てるように配慮しています。